乳酸菌を飲み始めたきっかけ

乳製品は好きな方でしたが、朝飲んだり食べたりすると通学・通勤途中にお腹が痛くなってしまうことがほとんどだったため、敬遠していた部分がありました。
しかし高校生くらいから花粉症を発症し、母親に花粉症にはヨーグルトなどの乳製品が効くと言われたので、徐々に定期的に食べたり飲んだりするようになりました。
乳酸菌16
あとはもともと便秘がちだったので、お通じを良くするためにも飲み始めました。朝摂取するとお腹が痛くなってしまうので、お昼や夕方に飲むことにしました。仕事を始めてからは職場に毎日乳酸飲料を持って行き飲んでいました。

すると、年々花粉症の季節になってもあまり発症することがなくなり、毎年耳鼻科に薬をもらいに行っていたのが、市販薬で済むようになりました。

乳酸菌17
継続して摂取していたおかげかもしれないと思っています。また、お通じも昔に比べるとかなり良くなり、便秘になりにくくなりました。そんな中、恋人と同棲を始めたのをきっかけに、職場を変えたのですが、乳酸飲料を買わなくなってしまいました。すると、やはり便秘がちになりお腹が張ることが多くなりました。また、来春の花粉の季節がとても思いやられます。そのような危機感を感じ、再びヨーグルトやヤクルトなどの乳酸菌飲料を買うようになりました。また再開すると尚更その効果を実感できます。
乳酸菌18
小腹が空いた時のおやつ代わりにもなり、ダイエットにも最適だと思います。食後のデザートが欲しくて少し口寂しい時は、ヨーグルトドリンクを飲んだりしています。フルーツの果肉が入っているタイプは特に飲みやすく、お腹にも溜まるので残業の多い日にも助かっています。飲みすぎるとお腹がゆるくなってしまうので、1日1杯と決めて摂るようにしています。花粉症が良くなり、お通じも良く、体質も改善されているので、継続が大事だと身を持って感じます。