病気の予防に乳酸菌を取り始めました。

乳酸菌28
自分は30代ですが、ちょっと大腸に悪性の腫瘍が出来まして、ガンだったわけですが、早期発見で今は元気にやっています。
それで俄然大腸に関心が向きまして、色々調べていくうちに人間にとって超がいかに大切か改めて考えさせられまして、乳酸菌を取ることを始めました。よく腸内フローラと言う言葉を聞きますがその腸で生きる菌の種類は様々でもちろん腸内では乳酸菌で取れる菌以外も沢山いて、その中でよい働きをしてくれる菌もそうでないものも沢山一緒くたになっています。

 

食物繊維で中のものを押し出すだけでなく、菌も適度にそれも様々、一種類だけでなく複数入れてやるのがいいと言うのを読んで、そして最低でも定着させるには一週間は必要と言うのを読んで、短期ではなく長期的に取れる方法として飲む飲料水や食べるヨーグルト、最近はチョコにまで乳酸菌入りのものをみると買って試して見ます。
乳酸菌29
大腸癌は増えているみたいですね。肉食文化の普及も考えられますが、現代はストレスや何やらきちんと管理してケアしてあげないとすぐ腸にとってよくない環境を引き起こしそうで気にしてとっています。

私は便秘と思ってたら大腸のガンでした。元々便秘症で、放っておいたらこぶし大の腫瘍が出来てて。若くても病気になるってことを身をもって知ったので若くても健康には気をつけなければと悟りました。

乳酸菌30
手軽に始められる健康法の一つとして乳酸菌は取り入れやすいです。今は腸にいい菌を入れる新しい方法とかも生まれていてその一つに腸内環境のいい人の腸の菌を入れるって言うのもありますが、ありていに言えば人の便を自分の腸に流し込むようなもので、それにはちょっとまだ抵抗が。だったらその人たちが多くとってる食材で同じ食習慣で同じ腸内環境を整えられるなら事前策として試したいので様々な菌をおなかに入れようと酵母や発酵食品、乳酸菌に着目して毎日の食事に取り入れています。そういたら病気も完治したのもあるでしょうが、毎日のお通じも全然良くて改善されて、健康になる前よりも規則正しい生活を送るようになりました。意識するってことが如何に大切か病気してから学びました。